Sample Company

学術の動向

日本と世界の学術の動向、日本学術会議の状況、内外で開催される学術講演、シンポジウムの情報を満載。

出版物発送についてのお知らせ
 編集 『学術の動向』編集委員会     
 編集協力  日本学術会議
 発行   公益財団法人日本学術協力財団
 定価   792円(消費税10%・送料込)
 年間購読料   8,383円(消費税10%・送料込)

『学術の動向』のJ-STAGEでのページはこちらからどうぞ。

『学術の動向』の連載企画「学術の風景」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「学術と社会の未来を考える」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「地区会議の動向」はこちらからどうぞ。

最新号のご注文はAmazonでの注文開始に時間がかかるため、財団に直接お申し込みください。
こちらからどうぞ。

最新号

2020年6月号(第25巻第6号 通巻第291号)
     



表紙の画
・眞田幸尚


特集
原子力防災
  • ・「原子力と社会」シリーズ特集 Part 5 / 大倉典子
  • ・特集の趣旨 / 矢川元基
  • ・被災者支援を通してみる原子力防災の課題 / 原口弥生
  • ・原子力防災計画は、人々を被ばくから守るのか? / 満田夏花
  • ・原子力防災における緊急避難支援要員の法的位置づけ
     ─ チェルノブイリ法を参考に / 尾松 亮
  • ・再稼働と避難計画 / 上岡直見
  • ・原子力防災における地方自治体と事業者 / 上坂 充
  • ・原子力緊急事態対応とアカウンタビリティの確保 / 進藤眞人
  • ・原子力緊急事態への備えと対応の最新動向 / 本間俊充
  • ・自然災害・事故の経験と原子力防災 / 森口祐一
  • ・原子力環境防災の科学技術  / 山澤弘実 

「原子力と社会」シリーズ特集はこちらからどうぞ


特集
現代日本の「働く仕組み」
─社会学からのアプローチ─
  • ・特集の趣旨 / 遠藤 薫
  • ・社会学の視点から見る現代日本の「働く仕組み」 / 有田 伸
  • ・正規・非正規雇用の統合は可能か / 高橋康二
  • ・日本企業は従業員のキャリアをどのようにみているか
     ─ 海外日系企業における現地採用日本人の働き方に着目して / 石田賢示
  • ・高学歴者・ホワイトカラー増加社会への職業社会学的アプローチ / 藤本昌代
  • ・「働く仕組み」と「暮らす仕組み」の食い違い / 武川正吾
  • ・「働く仕組み」をいかに捉えるか / 山田真茂留
  • ・「働く仕組み」と合理性 / 佐藤嘉倫
  • ・社会学は「働く仕組み」に何ができるか / 浦野正樹


SCJ提言・報告
  • ・長期の温室効果ガス大幅排出削減に向けたイノベーションの加速
  • ・地球惑星科学分野における科学・夢ロードマップ(改訂)2020


学術の風景 Vol. 3
  • ・「知る」ことの重さをPCR で知る / 尾関 章
    『学術の動向』の連載企画「学術の風景」はこちらからどうぞ。


学術と社会の未来を考える Vol. 2
  • ・空の世界の往来に、デジタル変革をもたらす / 伊藤恵理
    『学術の動向』の連載企画「学術と社会の未来を考える」はこちらからどうぞ。



編集委員会から
  • ・特集予告
  • ・次号予告
  • ・編集後記

    バックナンバー

    バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。