Sample Company

学術の動向

日本と世界の学術の動向、日本学術会議の状況、内外で開催される学術講演、シンポジウムの情報を満載。

出版物発送についてのお知らせ
 編集 『学術の動向』編集委員会     
 編集協力  日本学術会議
 発行   公益財団法人日本学術協力財団
 定価   792円(消費税10%・送料込)
 年間購読料   8,383円(消費税10%・送料込)

『学術の動向』のJ-STAGEでのページはこちらからどうぞ。

『学術の動向』の連載企画「学術の風景」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「学術と社会の未来を考える」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「学協会の今―社会と向き合う」はこちらからどうぞ。
『学術の動向』の連載企画「地区会議の動向」はこちらからどうぞ。

最新号のご注文はAmazonでの注文開始に時間がかかるため、財団に直接お申し込みください。
こちらからどうぞ。

最新号

2020年7月号(第25巻第7号 通巻第292号)
     



表紙の画
・江間有沙


特集
文理の協創によって社会的課題に立ち向かう総合工学
  • ・特集の趣旨 / 吉村 忍
  • ・総合工学の四つのカテゴリーと総合化アプローチから考える文理の協創 / 吉村 忍
  • ・アートの発想 / 岡田 猛
  • ・社会と科学技術:テクノロジーアセスメント(TA)と倫理的、法的、社会的課題(ELSI)の背景 / 小林傳司
  • ・AI and Society: A Pathway from Interdisciplinary-alone to Interdisciplinary Research / 江間有沙
  • ・自動運転をめぐる文理の協創の取り組み / 永井正夫
  • ・スマートシティをめぐる文理の協創の取組と課題 / 出口 敦
  • ・構想駆動型社会システムマネジメントの枠組み立案─横幹連合における文理協創の事例 / 舩橋誠壽
  • ・地球と共存する経営
      ─「XYZ」と「z=a+bi」 / 小林喜光
  • ・「総合」を支える人材育成 / 小山田耕二  


特集
学校教育とESD、SDGs、フューチャー・アース
  • ・特集の趣旨 / 氷見山幸夫
  • ・ESD/SDGsの新たな展開 / 鈴木克徳
  • ・ESD/SDGsを実践する視点と戦略 / 及川幸彦
  • ・小学校におけるESD/SDGs授業実践から考える / 佐々木哲弥
  • ・スーパーグローバルハイスクール(SGH)の取り組みを活かす / 硤合宗隆
  • ・海洋教育における教材開発とその意義 / 日置光久 ・ 丹羽淑博
  • ・マイ・ウニ飼育から海を学び、考える
      ─ウニの受精から放流までの学習活動を通して / 小川博久


SCJトピック
  • ・インターアカデミー・パートナーシップが、COVID-19に関して声明文を発表
  • ・Gサイエンス学術会議共同声明を公表


学術の風景 Vol. 4
  • ・コロナ禍のなかで
     ─ SNS の存在が気持ちよかった日 / 森 まゆみ
    『学術の動向』の連載企画「学術の風景」はこちらからどうぞ。


学術と社会の未来を考える Vol. 3
  • ・若手化学工学者としての私の履歴書 / 井藤 彰
    『学術の動向』の連載企画「学術と社会の未来を考える」はこちらからどうぞ。


学術の周辺
  • ・新型コロナウイルス感染症の世界的流行に係る地球規模の結束に向けたインターアカデミー・パートナーシップ(IAP)からの要請



編集委員会から
  • ・次号予告
  • ・特集予告
  • ・編集後記

    バックナンバー

    バックナンバーはこちらから

出版物・ご注文方法

こちらよりお申し込みください。